chidren drummers

For a good and complete understanding of the contents of these messages, please read:

アイシャ・ノース・・・活路の見付け方より

初学者のマニュアル -レッスン1

アイシャ・ノース・・・活路の見付け方より

初学者のマニュアル -レッスン2

Tuesday, April 16, 2013

04:16:2013 -- Part 300

Japanese flag butterfly flying, isolated on white background Stock Photo - 13698730




パート300

2013年4月16日

 

The manuscript of survival – part 300

Apr 16, 2013


 

光が地平線に近づいてきているのが皆さんには見えますね、そしてこの新しい夜明けによって目覚め始めた魂たちの呼びかけが聞こえてくることでしょう。この夜明けを讃えて歌っているのはもう皆さんだけではありません。以前にお伝えしたように、皆さんがこの小さく青い惑星で結成した天上のコーラス隊にたくさんの新しい歌声が加わってきます。日を追うごとに皆さんの歌はあらゆる意味でボリュームと複雑さを増してゆきます。始めたのは皆さんです、初めの頃はあなた方は少ない声で、お互いに遠いところから歌っていました。その歌声は皆さんの周りのありとあらゆる所から生じる物音に簡単にかき消されていました。恐怖の叫びや不平不満をもらす声などありとあらゆる騒音の中、この天国の歌はよく集中して耳を傾けなければ容易に聞き逃してしまうものでした。実に大量の騒音が一面を埋め尽くしていたので、その中に皆さんの声を見つけるのは困難でした。皆さんも、感情の動揺という海の中に自分の声が沈んでゆくのを感じていました。

 

しかし今は、皆さんのコーラスは当時は圧倒的だった背景雑音の波を押し分けているかのようです。そうするうちに、皆さんの呼びかけのメロディに合わせてハミングしている人々がどんどん増えてゆきます。初めはその人々は自分のハミングに気づいてすらいないかもしれません、多くの人は日々の生活を送る中、自分にも聞こえない声でハミングをしますが、そのような感じです。意識せずにハミングしているのです。それが少しずつ、彼らのハートから発するこの小さなハミングは勢いと力強さを増してゆくのです、やがて彼らは自分の魂から生じているこの歌を聴きとり始めます。その歌声を聴きとり始めれば、彼らの存在全体がその声に呼び覚まされます。そしてほんの少し前まで関心を抱いていたものから立ち去ってゆくことでしょう。このシンプルながらも実に美しいこのメロディによって一変してしまうかのようです、そのメロディは彼らの耳にだけではなく、ハートに話しかけるのですから。皆さんがそうしたように、彼らは古い世界を立ち去る時が来たことがわかり、この元気を与えてくれるメロディが聞こえてくる別の扉を開くのです。

 

皆さんはもうよくご存知でしょうね、どのような形にせよそういった新たに目覚めた魂たちに出会っているでしょうから。しかし皆さんにお知らせしたいのは、今後皆さんは途上で非常に多くの目覚めた人々に出会うことになる、ということです。皆さんはあらゆる形でずっと隠れてきました、自分自身を守る必要があったからです。皆さんは孵化したての小鳥のように草むらの陰を探してきました。初めの段階では四方八方を悲観と危険に囲まれているようで、それを切り抜けるために隠れる必要があったのです。しかし今、皆さんの羽毛が生えてきて、それと共に自信も育ってきました。ですから太陽の光の下に姿を現し、皆さんの美しい歌を声高く、はっきりと歌う準備が整ってきたのです。皆さんの素晴らしさを世界に示し、ありのままの姿を現し、自由の歌を歌う時がきたのです。私達は断言します、周囲から得る反応に皆さんは驚かれることでしょう。そうですね、中には皆さんの光に恐れを抱き、嫉妬する人もいるでしょう、彼らはためらうことなく不快感を露わにするでしょう。そんなことも皆さんはよくおわかりです。それよりもっと多く出会うのは皆さんの真の美しさに畏敬の念を抱き、皆さんがどのようにして輝かしい鳥になったか、彼らにとっては失望でしかない現実の上空をどのようにして羽ばたく鳥になれたかを知りたがる人々です。皆さんが彼らの目を覗きこめば彼らにはそれが見え、皆さんにも彼らの目の中にそれが見えます。それで十分なのです。皆さんの魂を見るだけで、彼らは自由になれるのです。そして今にも羽根が出てくるむず痒さを彼らは感じ始めます。彼らの羽根も外に表れる時を待っているのです。

 

ですから、親愛なる皆さん、恐れないでください。皆さんには翼と声があり、皆さんが望む限り長く、空高く、皆さんを運び続けます。ですから、いつまでも隠れ場所に閉じこもっていないでください。もし隠れ続けると皆さんの光のほとんどはこの世界の中で失われ、自分のほんの周りしか照らせなくなってしまいます。しかしもし皆さんが思いきって空に羽ばたき、歓喜の歌を歌うなら、皆さんの光はこの惑星全体に滝のように降り注ぐのです、それが全ての人々のプロセスをずいぶんと加速させることでしょう。ですから元気を出して、飛び立つのです。これはとても楽しい作業となるでしょう、皆さんの目とハートは至る所に光を見出すでしょうから。そして皆さんの歌が触れる全ての魂との深い繋がりはさらに強く、さらに深い絆となるのです。



 

 

Channeller: Aisha North


翻訳:Rieko

No comments:

Post a Comment

invoc


神に対する訴え

14:02:2014 - 09:00H BRISBANE, AUSTRALIA

14:02:2014 – 08:00H TOKYO, JAPAN

http://24timezones.com/

Petition

Petition for Disclosure
13 October, 2013

Full government disclosure of ET presence on Earth

米国政府に対するETの存在についての情報開示の請願署名依頼。

https://secure.avaaz.org/en/petition/Full_government_disclosure_of_ET_presence_on_Earth_now/?cHQipcb

上のURLを開いて、メールアドレスを入力すれば、外国人でも請願者の一人として数えられます。
請願理由の欄は無記入で結構です。
皆様のご協力をお願いします。

愛と光をもって、
たき

Creator

Prime Creator Makes an Announcement


by Kathryn E. May, PsyD

on 08/02/13

http://disclosure-2012.com/page/482254554


主創造主は次のように語られた。:

愛なる皆さん、私はあなた方と直接お話することは、頻繁にはありませんが、今は、あなた方の世界について、あなた方、特に、借金の返済や、家族を養うため に非常に忙しく働いている人たちにとって、振動数を上げるように懸命に集中することが如何に大切なことなのか、お話する機会を持つ特異な時です。

のように忙しく働く時は過ぎました。終わったのです。支払うべき借金はありませんし、家族を養うために稼ぐ必要もありませんし、退職をしても生き残りを図 る必要もありません。退職はどんな途方も無い夢をも超越する栄えあることですし、あなた方になんら負担を強いず、地球上の時刻がどのような時を示していて も今から始まることなのです。これは生涯からの引退ではなく、死でもありません。あなた方は今、星への壮大な旅の境目にいるのです。

なた方の兄弟、姉妹たちが頭上で待っています。晴れた夜に空を見上げてください。挨拶を彼らに送ってください。そうすれば、彼らのものだとあなた方には思 われ、間もなくあなた方と一緒になり、あなた方の間を歩き回り、あなた方を抱擁し、あなた方と共に祝賀の歌を歌うことを示し、彼らの喜びをも示す、宇宙船 の色つきの照明を点滅させてくれるでしょう。あなた方を向上させ、限りない愛と光をあなた方に教える宇宙エネルギーを伝送するグリッド線に沿って数千の宇 宙船が滞在しています。

Read More


COBRA on ET FIRST CONTACT RADIO

Solstice

Imagem intercalada 1

JAIL THE BANKERS

Messages from Three Beings of Light