chidren drummers

For a good and complete understanding of the contents of these messages, please read:

アイシャ・ノース・・・活路の見付け方より

初学者のマニュアル -レッスン1

アイシャ・ノース・・・活路の見付け方より

初学者のマニュアル -レッスン2

Sunday, October 6, 2013

10:06:2013 -- An update on the sixth Gathering around the Pond

Japanese flag butterfly flying, isolated on white background Stock Photo - 13698730


第六回PONDでの瞑想集会について・最新情報

2013年10月6日

An update on the sixth Gathering around the Pond
http://aishanorth.wordpress.com/2013/10/06/an-update-on-the-sixth-gathering-around-the-pond/

 

親愛なる友人の皆さん!

 

ご存知の通り、今夜オスロ時間21時からPOND瞑想集会を行います。CC達がつけ加えてお伝えしたいことがある、とのことでしたので、ここに記します。

 

「もうお気づきでしょうが、私達からのメッセージには強力なエネルギーの放出が伴っています。今夜のイベントで皆さんに繋がっていただけるよう私達は準備を始めているのです。皆さんが集会と名付けたミッションのことです。この一連のイベントはたいへん重要な役割を担っています。これに関わる人、個人単位でも重要ですが、この計画全体にとって重要なのです。この思考と投射のグリッドに皆さんが繋がっている間、私達はそれを利用して膨大な量のエネルギー情報を授けているためです。これは実に巨大なる規模で行われるため、人間のマインドではなかなか理解し難いことです。しかし私達の視点から見ると、これはまさに先駆的イベントです。皆さんは個々の電磁場を互いに繋ぎ、潜在力に満ちた壮大なる領域を作り上げました。それだけではありません。いま、皆さんを介し、この振動領域を「人間の域を超越した存在」とさらに繋いでゆくことが可能となっているのです。

 

皆さんは一人一人の電磁場を提供し、この電磁カレントの巨大ネットをしっかりと固定させてきました。いま、この潜在力に満ちた領域が外界の根源的領域、エネルギーの源ととてもパワフルに繋がっています。これまで、通常の人間にはこのエネルギーの源に到底手の届きませんでした。超越して存在していたものです。つまり、皆さんはこの両者を結んでいます。この二つの次元間を結ぶ結合組織となっているのです。皆さんは肉体を建設機械のように使い、橋を築きました。その肉体という乗り物は情報を乗せた細胞組織でできたあらゆる繊維をあちこちへ運び、繋いでいます。まるで働き蜂、というより機織りをする蟻のようです。一本の糸の端を拾ってはずっとそれを引っ張ってもう一方の端をたぐり寄せ、繋いではまた別の繊維をこのウエブに持って帰ってきます。織っては、しかるべき場所に繋ぎ、本格的にそのウエブが稼働できる状態、つまり創造を開始できる状態に整えています。

 

向こう側では潜在力に満ちた巨大なるエネルギーフィールドが皆さんを待っています。このウエブは、皆さんがこのエネルギーフィールドを利用できる手段として整えられているのです。このエネルギーフィールドに入れば、この大きな海を一口すすってみることができます。この滋養を使って真新しい創造プロセスをゼロから始めて行くことができます。皆さんは動きだし、虚無と人々が呼んでいるものから生命あるものを生みだし、創造してゆくのです。皆さんは暗い部屋に炎を灯しています。何もないように見える虚空から未来を起こしています。眠っていた生成の源に命を吹き込んでいます。それは可能性に満ちた巨大なるエネルギーのスペース、無限に広がるスペースです。そしてその可能性のエネルギーは何かに融合されるのをずっと待っています。有形の何か、活気をもった何か、生命をもった何かに。なぜなら、もうそれらに皆さんの意識が吹き込まれているからです。ずいぶんややこしく聞こえるかもしれませんが、それが本当のところです。ですから今夜、座って繋がる時は、初めてその大海に足を踏み入れてください。そして水をすくい上げて口に含み、興味かき立てるその味を試してみてください。この海は終わりなき生命の源であり、皆さんの意識をそこへ合わせれば、皆さんを解放することができます。そうすれば、皆さんの力によってそのエネルギーは皆さんが久しく待ち続けてきたものへと形を成してゆくことでしょう。段階をおって、少しずつ、皆さんの夢は現実のものとなるのです。そのためにハートを大きく開き、その限界なき知覚でもってこの壮大なる潜在力のエネルギーの中を自信をもって渡ってゆくのです。

 

(第六回瞑想について詳しくはこちらをどうぞ)

 

では後ほど、皆さんと繋がるのを楽しみにしています!

 

愛と喜びをもって

アイシャ



 

Channeller: Aisha North


翻訳:Rieko

No comments:

Post a Comment

invoc


神に対する訴え

14:02:2014 - 09:00H BRISBANE, AUSTRALIA

14:02:2014 – 08:00H TOKYO, JAPAN

http://24timezones.com/

Petition

Petition for Disclosure
13 October, 2013

Full government disclosure of ET presence on Earth

米国政府に対するETの存在についての情報開示の請願署名依頼。

https://secure.avaaz.org/en/petition/Full_government_disclosure_of_ET_presence_on_Earth_now/?cHQipcb

上のURLを開いて、メールアドレスを入力すれば、外国人でも請願者の一人として数えられます。
請願理由の欄は無記入で結構です。
皆様のご協力をお願いします。

愛と光をもって、
たき

Creator

Prime Creator Makes an Announcement


by Kathryn E. May, PsyD

on 08/02/13

http://disclosure-2012.com/page/482254554


主創造主は次のように語られた。:

愛なる皆さん、私はあなた方と直接お話することは、頻繁にはありませんが、今は、あなた方の世界について、あなた方、特に、借金の返済や、家族を養うため に非常に忙しく働いている人たちにとって、振動数を上げるように懸命に集中することが如何に大切なことなのか、お話する機会を持つ特異な時です。

のように忙しく働く時は過ぎました。終わったのです。支払うべき借金はありませんし、家族を養うために稼ぐ必要もありませんし、退職をしても生き残りを図 る必要もありません。退職はどんな途方も無い夢をも超越する栄えあることですし、あなた方になんら負担を強いず、地球上の時刻がどのような時を示していて も今から始まることなのです。これは生涯からの引退ではなく、死でもありません。あなた方は今、星への壮大な旅の境目にいるのです。

なた方の兄弟、姉妹たちが頭上で待っています。晴れた夜に空を見上げてください。挨拶を彼らに送ってください。そうすれば、彼らのものだとあなた方には思 われ、間もなくあなた方と一緒になり、あなた方の間を歩き回り、あなた方を抱擁し、あなた方と共に祝賀の歌を歌うことを示し、彼らの喜びをも示す、宇宙船 の色つきの照明を点滅させてくれるでしょう。あなた方を向上させ、限りない愛と光をあなた方に教える宇宙エネルギーを伝送するグリッド線に沿って数千の宇 宙船が滞在しています。

Read More


COBRA on ET FIRST CONTACT RADIO

Solstice

Imagem intercalada 1

JAIL THE BANKERS

Messages from Three Beings of Light