chidren drummers

For a good and complete understanding of the contents of these messages, please read:

アイシャ・ノース・・・活路の見付け方より

初学者のマニュアル -レッスン1

アイシャ・ノース・・・活路の見付け方より

初学者のマニュアル -レッスン2

Thursday, December 12, 2013

12:12:2013 -- Part 378

Japanese flag butterfly flying, isolated on white background Stock Photo - 13698730

活路の見付け方 パート378

2013年12月12日

 
The manuscript of survival – part 378
https://aishanorth.wordpress.com/2013/12/12/the-manuscript-of-survival-part-378/

 

皆さんは感じているでしょうが、大気が活気づいてきています。気圧か温度が少し変化したような感じがするでしょう。皆さんの友人である動物たちも同じことに気づき、それに反応するはずです。何かが近づいています。これまで私達がメッセージの中で何度も何度も繰り返してきた光の嵐の初めの兆候がもうじき現れます。皆さんの元にそれは向かっています。あの壮大な象という動物が足の裏を通して信号を感じとるように、かすかに何かが湧きおこっているのを皆さんは感じているのです。

 

これから到来するのは全く新しい振動です。地面に耳を近づけてみると(エネルギーレベルの話を例えてているのですが)、かすかな兆しを感じとられることでしょう。これらの信号は増幅してゆきますから、背を正して座り、聞き耳を立てて期待しながら待つ人が次から次へと出てくることでしょう。これからあまりにも壮大なる何かがやっくるのが感じられるものですから、それが大き過ぎるかもしれないと思うかもしれません。期待しながらも不安も湧いてくるかもしれません。当然のことです。皆さんは基盤からの変化が起きているのを感じているのです。あらゆる形で新しい出発を可能にすべく全てを清算するための変化です。この浄化エネルギーの大洪水を浴びれば、もう皆さんはすっかり別人となります。

 

覚えていますか、皆さんはまだ昔の古い皆さんというアイデンティティを保っています。しかし、実際にはもう古い自分ではないのです。ところが、皆さんの存在体から記憶が完全に拭いとられてはいません。そのため、これからなろうとしている自分自身をなかなか思い描けずにいます。そのようなわけで、変化を避けたがる古い本能を自動的に作動させている人がたくさんいます。自分がこれからどうなるか、意識的にイメージしていないかもしれませんが、皆さんの内なる存在はこの根本的な変化がどのようなものかよくわかっています。そのために切望と恐怖が混じり合った感情が出てくるのです。内側の奥深いところでは、もう引き返すことはできないと知っています。新しい自分になる、と自分に誓約をしたのですから。しかし、皆さんのマインドがこの事実に向かった時、これは死としてしか捉えられません。このプロセスは、あらゆる意味で死を繰り返してきました。皆さんは古い層を一枚一枚取り除いてきたのですから。そして生き返るというプロセスには、死のプロセスがつきものです。新しい皆さんが生じるためには、古い皆さんは去らねばなりません。皆さんはこの旅の間、あまりにも長い間、この死と再誕生のサイクルにどっぷりと浸かりきっていましたが、今回は実に深遠なレベルでの変化を起こす力をもたらしますから、古い制限の中にいようとする古い防御メカニズムを発動させ、古いままの自分でいい、と思うかもしれません。

 

しかし、古い防御壁はすべて崩壊しているのです。これをまだ完全には把握していないかもしれませんが、皆さんは既に羽を曲げ、この過去の死の本当の意味を調べています。しかしパワフルな変化の風が地平線上に現れ、古い自分はもう過去のものなのだ、という実感が染みわたってくることでしょう。あちらこちらが身震いするかもしれません。不安という、古くて馴染み深い感情が皆さんの胃の中で散らかってお腹を塞いでしまうかもしれませんが驚かないように。これは、これから皆さんがなろうとしているものの兆しでしかありません。とても近い将来、この嵐のような突風が惑星中に吹き渡ります。すると、皆さんの中の古くて時代遅れとなったボロボロの部分は吹き飛ばされ、もう永遠に帰ってはきません。皆さんは以前よりもむき出しになり、傷つきやすい状態のまま晒されているように感じるかもしれません。全てのものが決して後戻りはできない深いレベルでの変化を経るのです。またバランスを取り戻すまである程度の時間がかかることでしょう。

 

繰り返します、いつものように悠々とはしていられないかもしれませんが、全ては順調だということをわかっていてください。嫌な予感がしても、それはイベントが近づきつつあるという単なるサインです。皆さんは嵐にさらされ、古いものから皆さんを持ち上げ、真新しい皆さんとなってしっかり着地するのです。そこから皆さんの真新しい世界が生まれるのです。このエネルギーの突撃隊員が近づいてきても恐怖に逃げ込まないよう、必要なだけの安心感を自分に与えてください。以前にお伝えしたように、エネルギーは皆さんを崩壊させるために来るのではなく、これを限りに皆さんを制限という古い牢獄から解放するために来るのです。もう制限はありません。しかし、皆さんにはそれを自分の目で確かめることができません。それで、もう無いというのに壁や障壁をまだ見続けているのです。だからこそ、この光の嵐が切に必要となっています。全てから皆さんのマインドを解放させる何かが必要です。その何かが、こうして私達が話している今もどんどん近づいています。

Channeller: Aisha North


翻訳:Rieko

No comments:

Post a Comment

invoc


神に対する訴え

14:02:2014 - 09:00H BRISBANE, AUSTRALIA

14:02:2014 – 08:00H TOKYO, JAPAN

http://24timezones.com/

Petition

Petition for Disclosure
13 October, 2013

Full government disclosure of ET presence on Earth

米国政府に対するETの存在についての情報開示の請願署名依頼。

https://secure.avaaz.org/en/petition/Full_government_disclosure_of_ET_presence_on_Earth_now/?cHQipcb

上のURLを開いて、メールアドレスを入力すれば、外国人でも請願者の一人として数えられます。
請願理由の欄は無記入で結構です。
皆様のご協力をお願いします。

愛と光をもって、
たき

Creator

Prime Creator Makes an Announcement


by Kathryn E. May, PsyD

on 08/02/13

http://disclosure-2012.com/page/482254554


主創造主は次のように語られた。:

愛なる皆さん、私はあなた方と直接お話することは、頻繁にはありませんが、今は、あなた方の世界について、あなた方、特に、借金の返済や、家族を養うため に非常に忙しく働いている人たちにとって、振動数を上げるように懸命に集中することが如何に大切なことなのか、お話する機会を持つ特異な時です。

のように忙しく働く時は過ぎました。終わったのです。支払うべき借金はありませんし、家族を養うために稼ぐ必要もありませんし、退職をしても生き残りを図 る必要もありません。退職はどんな途方も無い夢をも超越する栄えあることですし、あなた方になんら負担を強いず、地球上の時刻がどのような時を示していて も今から始まることなのです。これは生涯からの引退ではなく、死でもありません。あなた方は今、星への壮大な旅の境目にいるのです。

なた方の兄弟、姉妹たちが頭上で待っています。晴れた夜に空を見上げてください。挨拶を彼らに送ってください。そうすれば、彼らのものだとあなた方には思 われ、間もなくあなた方と一緒になり、あなた方の間を歩き回り、あなた方を抱擁し、あなた方と共に祝賀の歌を歌うことを示し、彼らの喜びをも示す、宇宙船 の色つきの照明を点滅させてくれるでしょう。あなた方を向上させ、限りない愛と光をあなた方に教える宇宙エネルギーを伝送するグリッド線に沿って数千の宇 宙船が滞在しています。

Read More


COBRA on ET FIRST CONTACT RADIO

Solstice

Imagem intercalada 1

JAIL THE BANKERS

Messages from Three Beings of Light